SKRUF / TOKYO ベース

TOP > その他生活雑貨 > SKRUF / TOKYO ベース

Skruf社は、スウェーデン・スモーランド地方で1897年より製造を続けるガラスメーカーです。すべてハンドメイドで作られるSkruf社のグラスウェアは、吹きガラスによる僅かな輪郭のゆらぎや程よい厚みが、すっきりしたデザインの中に温かみを感じられます。デザインはCarina Seth Anderssonが手がけています。

こちらは"TOKYO"というシリーズ。花器としてはもちろんスウェーデンではキャンドルホルダーとしても使われています。

Carina Seth Andersson(カリーナ セス アンダーソン)はグスタフスベリにアトリエを構えるデザイナーでありガラス作家。ストックホルム美術工芸デザイン大学ではテキスタイルを学び、その後ガラススクールへ。1点ものと呼ばれるハンドクラフトを手がける一方でマリメッコなど企業との共同によるマスプロダクトでも活躍しています。彼女のものづくりのプロセスはとてもシンプルでドローイングや切り貼りで実際のサイズ感でのイメージ作りにこだわって制作が進んでいきます。彼女の大半はモノクロームの作品となっており、色彩よりもプロポーションやフォルムの美しさを大切にしています。

size : Sサイズ H13cm
: Lサイズ H16cm
※サイズにより価格が異なります。

取り扱い店舗…dieci天神橋店

price:
3,800円(税込4,104円)
個数:
サイズ:
オプションの価格詳細はコチラ