石川硝子工藝舎/深鉢

TOP > 石川硝子工藝舎 > 石川硝子工藝舎/深鉢

岡山・倉敷でガラス作りをされている石川硝子工藝舎の石川昌浩氏の器です。

倉敷にてガラス工芸を学ばれた後、倉敷硝子の第一人者、小谷真三氏に師事。独立後「石川硝子工藝舎」を立ち上げ、日々の生活にとけ込む日用の器を作り続けていらっしゃいます。こちらは2015年9月に開催の石川昌弘硝子展「光の気配」でメインとなる再生硝子を使った作品です。内面からにじみでるような淡い色合いやあたたかさを感じるふしぎな魅力があります。

※サイズ・カラーには個体差がございます。
※裏面の突起は手吹きガラスの製造工程で出来る物で傷ではございません。作品の風合としてお楽しみ頂けますと幸いです。


size:Φ18cm H7.5cm

price:
4,000円(税込4,320円)
個数: