須浪亨商店/鍋敷(小・中)

TOP > 須浪享商店 > 須浪亨商店/鍋敷(小・中)

古くに、い草の産地として知られた倉敷市茶屋町。そこでいぐさのかご「いかご」を今でも1つ1つ、手作業にこだわって作られています。いかごは、元々「闇かご」と呼ばれており、昭和20年〜40年頃にかけてごく普通に買い物かごとして使用されていたものです。5代目の須浪隆貴さんはおばあさまから技術や伝統を受け継ぎ、現在の暮らしの中にいかごを提案されています。
い草は日に焼けて緑色から黄色く変化し、味わい深くなっていきます。
すべて手作業で生産されているため、個体差があります。

こちらは鍋敷です。
ドーナツ型の鍋敷は、底が丸い鍋でも安定して置く事ができるので、熱伝導を抑えるだけでなく、テーブルに傷がつくのを防げます。
焦げ付くこともありますが、そういった経年変化がより味わい深く、愛着も湧いてくる逸品です。
中サイズは、ご家族でお使い用の土鍋に。
小サイズは一人から二人用ほどの小さめの土鍋や、お鍋、やかんに。

size:小:外径約16cm ×h約3cm /中:外径φ約19cm ×h約3,5cm
小 1760円/大 2420円

price:
1,760円(税込)
個数:
サイズ:
オプションの価格詳細はコチラ

この商品について問い合わせる