Carl Aubock(カール・オーボック) / Key ring(U)

TOP > Carl Aubock/カール・オーボック > Carl Aubock(カール・オーボック) / Key ring(U)

カール・オーボック(Carl Aubock/1900〜1957)はオーストリアのモダニズムにおいて非常に大きい功績を残した人物として有名です。金属工房の両親のもとで伝統的な銅工芸を習得した後、ウィーンの美術学校やバウハウスで主に絵画を学び、1926年に工房を継ぎました。1957年に初代カール・オーボックは亡くなりましたが、その頃から工房の世界的な知名度は一層上がっていきました。1997年、ウィーン歴史博物館にて大規模な回顧展が開催され世界的に再評価されています。現在は4代目によって、初代から受け継ぐ工房で作られる作品の数々は、ユニークで色褪せない魅力を放ちます。
こちらは真鍮のキーリング。片方の先端の丸い部分を回して外し、カギを通して使用します。
使い込むほどに風合いを楽しむめるアイテムです。

U
color:NI/ニッケル(銀色)17000,ME/メッキ(金色)12000
Material : 真鍮
Size:w約4cm×h約4cm 


お取扱店:dieci芝川ビル店

price:
18,700円(税込)
個数:
カラー:
オプションの価格詳細はコチラ

この商品について問い合わせる