箱という名の劇場/大桃沙織

TOP > 箱という名の劇場 > 箱という名の劇場/大桃沙織

dieciにゆかりのある作家に方々にお願いして「蓋物」を作って頂きました。こちらは大桃沙織さんの作品です。

金属の板を金槌で叩いて形を作っていく「鍛金」という技法で、繊細で緻密な模様を生み出していく大桃さん。
小さな箱に描かれた模様の美しさに圧倒されます。
蓋物を作るのはとっても楽しいとおっしゃっる大桃さん。
その楽しい気分を感じられる、クルクルと楽しいデザインです。


洋白(銅とニッケルの合金)
size:約6,6cm角×約3cm



※こちらの作品は、価格に送料880円を加算しております。
他の商品と同梱の場合は、オンラインショップの送料に合わせさせて頂きます。

code:
3
price:
33,880円(税込)
個数:

この商品について問い合わせる