principle of overprint/和紙縄文編みショルダーバッグ

TOP > principle of overprint > principle of overprint/和紙縄文編みショルダーバッグ

principle of overprintは縄文時代から続く伝統的な技法、縄文編みで和紙を編み上げたバッグなどを提案されているライフスタイルブランド。『多様性』と『調和』を表現し、有形、無形を問わず、時には抽象的に表現されております。縄文編みはその名の通り、縄文時代から続く伝統的な技法。かつては海や山での収穫物を入れるカゴやむしろなどが縄文編みで作られていました。新潟県の離島、栗島では、今も当時と同じ編み方で運搬具「テゴ」を作り使っています。


こちらは、自然と調和する素材、和紙の縄文編みショルダーバッグ。
開口部の絞りが調節出来、底の編み方が特徴。
(どちらも古くから伝わる技法です。)
横長のショルダーバッグは肩がけにも手持ちにもちょうど良いサイズ感で、デイリーに使用していただきやすいです。
和紙ですが水に強く、手洗いまたはドライクリーニングで洗える素材です。
サラサラと爽やかな手触りですが、季節を問わず使っていただけるアイテムです。


material: WASHI PAPER(内袋:COTTON)
color:ブラック、ホワイト
size:縦21cm×横35cm 持ち手 約62cm
model:163cm

お取り扱い店舗・・・dieci芝川ビル店

code:
10603
price:
20,900円(税込)
個数:
カラー:
オプションの価格詳細はコチラ

この商品について問い合わせる