前野直史 /壺

TOP > 前野直史 > 前野直史 /壺

京都の丹波地方に窯を構える前野さんは、木畑の地に移り住み、作陶を続けられています。特に前野さんの作品は19世紀頃に作られた、伝統的でクラシックなモノから強くインスパイアされており、スリップウェアや暮らしに役立つ器作りを続けておられます。

スリップウェアが有名な前野さんですが、それ以外の作品もとても素敵です。
こちらは胴体全体に土を掻いて描かれた波の様な模様が迫力のある壺です。
淡い呉須色で涼しげな印象。底の方に少し見える赤い土色が良いアクセントになっています。
このまま飾っているだけで絵になる美しい壺です。

size:口部分φ約13,5cm 底部分Φ約12cm H約21,5cm Wφ18cm


取扱い店舗…dieci南船場店


price:
38,500円(税込)
個数:

この商品について問い合わせる